製缶板金加工、フレーム溶接、パイプレーザー加工の株式会社エステーリンク(新潟県燕市)

TEL.0256-97-4846 (受付平日 8:00~17:00)

MENU

精密板金加工技術

  • HOME
  • 精密板金加工技術

レーザー加工

新潟県で初めてレーザー加工機を導入するなど、レーザー加工においては他社の一歩先を行くように心掛けてきました。

現在はファイバーレーザー加工機(TruLaser5030 Fiber【TRUMPF】 5kw及び8kw)、パイプレーザー加工機、3次元レーザー加工機を保有し、より複雑な加工を、よりスピーディーに対応できる体制になっております。

3次元レーザー加工機では、組立品や制御BOXなどの追加工、パイプの全周にわたる加工、鏡板、プレス品の角度付加工など幅広い分野の3次元加工も可能です。

また、による加工も承ります。
超高圧水でカットするは、レーザー加工に比べ切断時に熱影響を受けないため、素材の変質や変形(ひずみなど)を受けにくいというメリットがあります。素材を選びませんので、レーザーでは対応できない厚物・熱伝導率が高いもの・新素材など、さまざまな素材の切断に適していますので、お気軽にご相談ください。

レーザー加工について

当社ではCO2レーザー加工、ファイバーレーザー加工のどちらでも加工が可能です。全般的に加工精度、速度等の性能はファイバーレーザー加工の方が優れておりますが、材質、板厚や小ロット品など条件によってはCO2レーザー加工が優れているケースもおり、お客様のご相談にあわせてより最適な加工方法にて提案をさせて頂いております。

極薄の板厚、極小サイズの穴あけが得意な超精密加工も可能な機種から、量産向きの高速高精度の機種をそろえる事で、精密加工から、大ロットかつ低コストな加工まで幅広く対応できます。

レーザー加工事例はこちらから

加工範囲

最大加工板厚
  • SUS
    20mmまで
  • SS
    25mmまで
  • アルミ
    25mmまで
  • 真鍮
    8mm(窒素)
  • 3mm(窒素)
最小加工板厚
  • SUS
    0.05mm以上
  • SPC
    0.5mm以上
  • アルミ
    0.1mm以上
  • 真鍮
    0.1mm以上
  • 0.3mm以上
ワークサイズ
加工範囲 3050 × 1525
発振器出力 5kw

ファイバーレーザー加工について

薄板から厚板までCO2レーザーでは加工困難な非鉄金属も加工出来ます

ファイバーレーザー加工とは

ファイバーレーザー加工は通常のレーザー加工と比べて以下の長所があります。

  • 加工困難な非鉄金属も加工が可能

  • 熱歪みを抑えた加工が可能

  • レーザー加工の苦手な厚板の加工が可能

ファイバーレーザー加工の長所① 非鉄金属の加工

ファイバーレーザー加工では通常のレーザー加工では加工困難な非鉄金属(アルミ合金、真鍮、タフピッチ銅(C1100)、六四黄銅(C2801))等の加工ができます。

ファイバーレーザー加工の長所② 熱歪みを抑えた加工

ファイバーレーザー加工は切断時に熱の影響を受けにくいため、熱歪みを抑えた加工ができます。

ファイバーレーザー加工の長所③ 厚板の加工

ファイバーレーザー加工は通常のレーザー加工では苦手とする厚板の加工も可能です。
加工断面(素材と板厚別)のサンプル写真もございます。

ファイバーレーザー加工の長所④ 中厚板の微細加工

ファイバーレーザー加工では中厚板の微細加工も可能です。
加工断面(素材と板厚別)のサンプル写真もございます。

三次元レーザー加工について

3次元レーザー加工機では、組立品や制御BOXなどの追加工、パイプの全周にわたる加工、鏡板、プレス品の角度付加工など幅広い分野の3次元加工も可能です。

三次元レーザー加工事例はこちらから

設備紹介(レーザー加工)

MITSUBISHI ML2512HVⅡ
レーザー出力 2kW
最大加工寸法 2400×1200
最大加工板厚 鉄 16.0t(酸素)
ステンレス 8.0t(窒素)
アルミ 8.0t(窒素)
その他アクリル、非鉄金属にも対応

従来あったレーザー加工機2台のメリットを1台に集約。これによりお客様のニーズに更に効率よく対応できるようになりました。
Z軸最大300mmのストロークにより、パイプ・箱物・成形物への平面加工が可能です。当社では主に薄板用に使用するレーザーです。

TRUMPF TC6000L(レーザー・パンチ複合機)
レーザー出力 2.7kW
パンチング 2.20kN
最大加工寸法 2585×1280(複合加工)
最大加工板厚 8.0t
最高ストローク数 900HIT/min

同基準機世界トップレベルの高速度・高精度。群を抜く性能によるコストダウンと短納期。
タッピング(M3~M6)から製品抜き加工まで1台の加工機で対応できます。また、特殊な金型(要相談)を使用することにより様々な成形加工もできます。

SHIBUYA SPL3905/K250【リニアサーボモータ駆動型超精密レーザ加工機】
レーザー出力 200W
最大加工寸法 X:700 Y:500
可能板厚 SS:t3.2
SUS304:t1.0(窒素)
SUS304:t2.0(酸素)
A5052:t0.5
真鍮:t0.5

高品質CO2スラブ型発振器を搭載、リニア駆動方式による加工により 薄板のレーザー加工において熱歪みを抑えた超精密な製品加工を実現しています。 高品質なビームにより、最小穴開けφ0.1mmが可能です。

設備(パイプレーザー)

TRUMPF L5030fiber
レーザー出力 5kW
最大加工寸法 3050×1525
最大加工板厚 鉄 25.0t(酸素)
ステンレス 20.0t(窒素)
アルミ 20.0t(窒素)
銅 3.0t(窒素)
真鍮 8.0t(窒素)

※SS16.0t以上はレーザー加工用鋼板(SS400)になります。

5kwDiskレーザー発振器を搭載しておりステンレス、アルミさらには銅、真鍮などのいままでCO2レーザーでは苦手とした非鉄金属にも幅広く対応。
リニア駆動との組み合わせにより薄板の高速加工も実現しております。

TRUMPF TruLaser 5030Fiber/TruDisk8001
レーザー出力 8kW
最大加工寸法 3050×1525
最大加工板厚 鉄 25.0t(酸素)
ステンレス 25.0t(窒素)
アルミ 25.0t(窒素)
銅 3.0t(窒素)
真鍮 8.0t(窒素)

※SS16.0t以上はレーザー加工用鋼板(SS400)になります。

8kwDiskレーザー発振器を搭載しておりステンレス、アルミさらには銅、真鍮などのいま までCO2レーザーでは苦手とした非鉄金属にも幅広く対応。
リニア駆動との組み合わせにより薄板の高速加工も実現しております。

設備紹介(3次元レーザー加工)

MITSUBISHI ML3122VZ20 三次元レーザー加工機
レーザー出力 4kw(CO2)
加工領域(立体物) X:2500 Y:1600 Z:550
可能板厚 SS:t12.0  SUS304:t8.0
アルミ(A5052):t8.0

組み立て品や制御BOXなどへの追加工、各種パイプ(丸、角、楕円)への 穴あけ、切り込み、端部切断など、へら絞り品、プレス成形品のトリムや穴あけ を専用CAMを用いたオフラインティーチングにより高い精度での加工が可能です。

またNCターンテーブルも付属しておりパイプ材に対しての高精度な加工が可能となりました。

社外評価および社会貢献活動

  • 優秀企業賞
  • 地域未来牽引企業
  • SDGsの取組み
Copyright © S.T-Link Co., Ltd. All Right Reserved.

閉じる