Home > アーカイブ > 2015-10

2015-10

アルミの加工もばっちりです。

お世話になっております、メタルエステ事業部の石井です。

ここ最近は毎週のように展示会が続いておりまして、全国のラーメンをたべまk・・・・ではなく、
全国、多くの方に弊社のバリ取り機を見て頂けて非常にありがたい次第です。

展示会で良く聞かれる質問の一つに、「メタルエステはアルミの加工もできるの?」
というのがあります。

勿論、メタルエステはアルミの加工もばっちりできます。

下の写真はワーク表面のキズを極力抑えたキズレス加工。重ねたワークの手前がバリ取り済、
奥がバリ取り前(未処理)のワークです。違いがわかりますでしょうか?

DSC_0817

アルミワークの場合は、接着加工や表面粗度を出すために逆に表面をしっかりブラシで荒らしたい。なんて
要望を聞く場合もあります。そんな時もブラシの脱着が工具レスで簡単にできるメタルエステなら
様々な仕上がりも思いのままです。

あと一点だけ。

バリ取り機はワークのバリをヤスリ状のブラシで削りながら落としていくため
加工室の中では粉塵が発生します。その粉塵はすべて集塵機が回収するのですが
アルミの場合は粉じんが細かく、粉じん爆発のリスクが他の金属に比べて高いです。

そのため、アルミをメインに加工するお客様には
爆発放散口タイプや湿式タイプの集塵機などをご提案させて頂いております。

弊社は集塵機メーカーでもありますので、集塵機のことも様々ご提案出来ます。
是非、バリ取り機のはてな?がございましたら遠慮なくご質問くださいませ。

展示会シーズン

こんにちは、バリ取り研究員Fです。
秋と言えばスポーツの秋、味覚の秋、展示会の秋でございます。
我がエステーリンクも今月に入り展示会ラッシュが続いています。
先日の関西機械要素技術展から始まり、福岡でのものづくりフェア、現在も開催期間中の名古屋でのメカトロテックジャパン、来週末燕三条で開催されるものづくりメッセと、なんと4週連続でございます。メタルエステやメタルハンズといった弊社のバリ取り機が日本中を駆け抜けております。
私は久々の関西参戦でテンション上がりましたし、弊社常務のバリ取りセミナーあり、良い話もいろいろ聞けましたし大変良い経験をさせていただきました。
名古屋は明日もありますし、燕三条もすぐに控えてますので、まだまだアピールしまくります。
既に顔を出して頂いた方々には感謝申し上げます。
また、近くにお越しの方は是非この機会に弊社ブースにお立ち寄りください。
スタッフ一同全力でお迎えします。
20151009_130325-1

Home > アーカイブ > 2015-10

検索
フィード
メタ情報

Return to page top