Home > アーカイブ > 2015-11

2015-11

バリ取りセミナー

バリ取り研究員Sです。
10月の展示会ラッシュが終わり、その後のフォローを含めて現在は時間に追われつつも有意義な毎日を過ごしています。これも展示会でよいお話を多く頂けたからに他なりません。感謝です。
また、これまでのように展示会に出展しただけでなく少し変化もありました。10月の関西機械要素技術展2015および燕三条ものづくりメッセ2015にて当社の常務がバリ取りセミナーの講師として講演させていただきました。
燕三条のセミナー紹介サイトでもこのように公開されています。
http://tsm.tsjiba.or.jp/seminar.html

初めてであったため緊張もあり、慣れないため説明が行き届かなかった点もあったかもしれませんが多くの方に出席して頂き大変ありがたく思っております。今後またこのような機会が与えられたら常務およびスタッフ一同さらにレベルアップさせて望みたいと思います。
1447584834059

展示会ラッシュもだいぶ落ち着いてきて今年は残すところあと1つになりました。12月2~4日のものづくりマッチングJapan(東京ビッグサイト)に出展します。今回もバリ取り機を持っていきますのでテスト加工も可能です。皆様ぜひお立ち寄りください。

パイプレーザー加工例 楕円パイプ

こんにちは。板金部門のKです。
最近、めっきり寒くなってきました。皆様いかがお過ごしですか?
気付けばもう11月に入り、本格的な冬に向けていろいろと備えないといけない時期ですね。

1446447574550

さて、画像はステンレス製の楕円パイプの折曲げ品です。
ゆるやかにRを描く折曲げ形状ですが、通常のパイプベンダーとは異なり、パイプレーザー加工機により楕円パイプに複数のV字の溝を切りこみ、それを折り曲げる事によってゆるいRを作り出す方法です。
接合部は溶接・仕上げ処理を行う事によりきれいに仕上がります。外側は角の無い滑らかな仕上がりとなります。
内側になるにつれ細かいストレートの連続のような形状となっていき、ベンドパイプとはまた違った風合いの折曲げ品となります。

弊社ではパイプレーザー加工を用いる事により、従来では難しかったパイプの加工が出来るようになりました。
金型不要で複雑な形状でのカットも可能ですので試作・一品物はもちろん、量産品までお客様の幅広いニーズにお応えすることが可能です。

この形、無理かな。と思うようなものでも、一度ご相談をお待ちしております。

Home > アーカイブ > 2015-11

検索
フィード
メタ情報

Return to page top